トナーを高価買取強化中!他社比で150%!|パワーセラー

買取品目

トナー高価買取いたします

CANON2

使わずにそのまま眠っている不要のトナー、高く買い取ります!

パワーセラーでは、純正トナーの買い取り強化中!他社よりも高い価格をお付けいたします。

関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の対象エリアのお客様なら、出張買取が可能!最短即日で当社スタッフがお客様のご自宅まで取りにお伺いします。
遠方のお客様なら宅配買取にて受付しております。

お見積りは無料です。お電話一本で無料査定致しますので、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル0120-37-2060で、買取価格がすぐにわかります。

出張エリア2
お申し込みはこちら
お電話前にクリック
CRG-335
キャノン CANON
トナー
CRG-335
6100H
リコー RICOH
トナー
6100H
TK-8336
京セラ
トナー
TK-8336
CRG-505
キャノン CANON
トナー
CRG-505

上記の買取りは当社の実例ですがホームページの作成当時の価格となります。家電は年式によって買取査定が上下しますので、当時は当社が高値査定をした同じ型番のものでも、現在では古くなりこの金額がお出しできないことがございますことをご了承ください。

トナーを高く売るポイント

純正トナー

純正トナーは需要がありますし、元値が高いために高価買取ができます。
とくに「リコー」「エプソン」「キャノン」「OKI(沖)」で人気のある業務用プリンター対応トナーですと、高値になりやすいです。

新品未開封

保管状態が良く、外箱がなるべく綺麗な状態で未開封でしたら、高価買取が可能です。

使用期限が多く残っている

トナーは消耗品ですから使用期限があります。製造年月日からおよそ2年~2年半が使用期限の目安です(適正に保管されている場合)。
この期間が多く残っているほど、高い価格になります。

4色揃っている

同じメーカー品でブラック・シアン・マゼンタ・イエローの4色が揃っていれば高価買取致します。
また、トナーの本数が多いと買取額もUPします!

買取が難しいトナー

すでに開封済み

外箱がすでに開封済みのものですと、中身のトナーが古いものなのか・空なのかが判断しづらいため、買取が難しくなります。
中の密閉ビニール袋まで開封されているトナーは買取不可能となりますので、ご注意下さい。

古い機種に対応

現在あまり使われていないような複合機対応のトナーだと需要が少ないために、ものによっては買取をお断りすることがあります。

期限が切れている

すでに使用期限が切れているトナーは買取不可です。
元値が高くて人気のあるトナーでしたら大幅減額となります。

リサイクルトナー

本数が多くてセットになっている場合を除き、リサイクルトナーは元値が安いので買取をお断りしています。

家庭用プリンター専用

家庭用のトナーは元々の値段が安いため、買取が難しいです。

トナーを売るタイミングや時期

トナーが不要になるタイミングは、「今まで使っていた複合機を新しいものに買い替えた時」です。
今まで使っていたメーカーと違う複合機を導入すれば、保管していたトナーが使用不可能となるケースが多いですね。

このとき、トナーをそのまま捨ててしまうのは非常にもったいない!
保管状態が良く使用期限がまだ残っているようなトナーは高価買取が期待できますから、不要になったらすぐに買取してもらうことをおすすめします。

トナー買取前に確認してほしいこと

◯メーカー (リコー、エプソン、ブラザーなど)
◯型番   (TN-28J、CRG-337など)
◯製造年月日(不明の場合は購入時期など)
◯外箱の状態(破れ・汚れ・破損など)

トナーの製造日 確認方法

外箱に記載されている場合がほとんどです。
刻印またはラベルシールで数字の羅列があれば、それが製造年月日である可能性が高いです
(たとえば「190801」なら「2019年8月1日」など)。
各メーカーによって刻印場所や表現方法は異なります。

人気のトナー型番

トナー 型番一覧
CRG-040H CRG-041H CRG-042 CRG-045H CRG-046H
CRG-303 CRG-304 CRG-306 CRG-311 CRG-312
CRG-316 CRG-318 CRG-320 CRG-322 CRG-323
CRG-325 CRG-326 CRG-328 CRG-329 CRG-331
CRG-335 CRG-337 CRG-416 CRG-418 CRG-502
CRG-508 CRG-509 CRG-510 CRG-515 CRG-519
CRG-524 CRG-527 CRG-533H CRG-E30 CRG-EP22
CRG-EP32 CRG-EP62 CRG-EP65 CRG-EP66 CRG-EP72
CRG-EP85 CRG-EP86 CRG-U CRG-W LPA3ETC7
LPA3ETC10 LPA3ETC12 LPA3ETC13 LPA4ETC7 LPB3T20
LPB3T21 LPB3T23 LPB3T24 LPB3T25 LPB3T26
LPB3T27 LPB3T28 LPB3T29 LPB4T12 LPB4T13
LPB4T15 LPB4T17 LPB4T19 LPB4T21 LPB4T24
LPB4T25 LPB4T26 LPCA3T12 LPCA3ETC2 LPCA3ETC9
LPCA4ETC5 LPC3T14 LPC3T18 LPC3T21 LPC3T31
LPC3T33 LPC3T35 LPC4T8 LPC4T9 TN-04
TN-190 TN-195 TN-290 TN-291 TN-293
TN-296 TN-297 TN-390 TN-391 TN-395
TN-396 TN-491 TN-493 TN-499 TN-11J
TN-25J TN-26J TN-27J TN-28J TN-29J
TN-33J TN-35J TN-36J TN-37J TN-43J
TN-47J TN-48J TN-53J TN-56J TN-61J
TN-62J TN-63J TN-190 TN-195 TN-290
TN-291 TN-296 TN-293 TN-297 TN-300
TN-390 TN-391 TN-395 TN-396 TN-491
TN-493 TN-499 TN-6300 TN-6600 TN-7600
TC-C3 TC-C4 TC-C4A TNR-C4 TNR-C4J
TNR-C4K TNR-C3 TNR-C3L TNR-M4 TNR-M4G2

トナーのよくある質問

トナーは出張買取してもらえるの?

東京・神奈川・千葉・埼玉の対応エリア内であれば、出張買取致します。

数が多いので2梱包になっても問題ないですか?

なるべく1梱包にまとめていただけると助かりますが、無理でしたら2梱包でも問題ありません。

廃棄証明書や買取証明書が欲しいのですが、発行してもらえますか?

ご希望でしたら、当社のフォーマットを利用して発行させていただきます。
なお買取証明書は、当社が買取時にお渡しする「買取同意書」でも証明となります。

実際にお金が振り込まれるのはいつ頃ですか

出張買取なら当日中にお渡し可能です。
宅配での買取でしたら、当社に到着を確認次第、なるべく早くお振込みさせていただきます。

出張買取または宅配で買取したもらったあとで減額されることはあるのですか?

基本的に買取金額を減額することはありませんので、ご安心ください。
ただし、「事前にお伺いした時と本数や型式が違う」「すでに開封されている」「中身がリサイクルトナーだった」ケースだと減額になる場合があります。

長期保管して外箱が破れているけど、減額になる?

あまりにひどい状態でなければ、買取金額は変動しません。

トナーカートリッジ・ドラムカートリッジ・インクカートリッジの違いとは

◯トナーカートリッジとは

トナーカートリッジとは、複合機で印刷をするときに必要となる粉のことです。
カートリッジの中に非常に細かい粒子が詰め込まれており、これを複合機に差し込めば印字が可能となります。
比較的安価で大量印刷ができるので、主にオフィスのコピー機やレーザープリンターにて利用されています。

レーザーの熱と静電気を利用して色を定着させる印刷方法なので、どんな用紙でも印刷が可能。
シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色があり、これらを組み合わせて多彩な色を表現しています。

◯ドラムカートリッジとは

ドラムカートリッジは、トナーから用紙へ印刷するときに必要となる部品です。
ドラムカートリッジにはローラーがあり、そこに印字するトナーが乗せられて回転することにより、印刷用紙へ転写されます。
使用していくたびにローラーがトナーで汚れていき、だんだんと印刷用紙が汚れていきます。
少しでも汚れると印刷不良を起こす原因となりますから、定期的なメンテナンスが必要となります。

◯インクカートリッジとは

トナーが「粉」に対して、インクは「液体」です。
用紙に直接インクを吹き付けて印刷するので、色落ちがしにくいです。

家庭用に普及しているプリンターはインクカートリッジであり、小型で安価なのが特徴です。
水に弱くて滲みやすいのがデメリットですが、繊細な色の表現が得意なので写真・画像や高画質の印刷に向いています。

トナーカートリッジには3種類ある

トナーカートリッジには「純正品」「汎用品」「リサイクルトナー」の3種類があります。

純正品は、メーカーが製造・販売しているトナーです。
最も品質が良く安定しているので、安心して使用することができます。中には海外から逆輸入した純正品もありますが、基本的には国内の純正品と品質的に変わりはありません。
一番高く買取できるのも、この純正品です。

対して汎用品は、メーカー以外が製造・販売しているトナーです。
純正品と比較すればとても安価で手に入ります。品質に関しても、純正品とほとんど同じような印刷が可能です。

リサイクルトナーは一番価格が安くてお得です。
一度使用したトナーを綺麗にして再度使っているので、いわゆる「中古品」ですね。
お手軽に手に入りますが、不良が起きやすいのがデメリットです。
買取金額も、この中で一番低い価格(または買取不可能)となります。

各メーカーのトナー買取価格の相場表

▶エプソントナーの買取価格表

▶リコートナーの買取価格表

▶キャノントナーの買取価格表

▶富士ゼロックスの買取価格表

▶沖電機トナーの買取価格表

▶京セラトナーの買取価格表

▶ブラザートナーの買取価格表

▶富士通トナーの買取価格表

▶NECトナーの買取価格表

▶コニカミノルタトナーの買取価格表

リサイクル買取オフィス用品買取 ≫ 買取品目 ≫ トナー

店舗用品
今すぐ無料査定