アマチュア無線の免許の種類

買取Q&A

アマチュア無線の免許の種類と「ハマる人」の面白ポイント

趣味としても人気の高いアマチュア無線ですが、資格を取得しなければ楽しむことができません。
資格にはいくつかの種類があり、種類によってできることも変わります。

  • 4級から1級までの4種類

アマチュア無線の資格はアマチュア無線技士と呼ばれ、4つに分かれています。
1級がもっとも難易度が高くなりますのではじめは4級を取得するのが目標になるでしょう。
それぞれの級の違いは無線設備の操作の差で、4級では最小限の電力しか使うことができませんが、級が上がるに連れてその量は大きくなりより幅広くアマチュア無線を楽しむことが可能になります。
また、4級と3級は財団法人日本無線協会の他に一般財団法人日本アマチュア無線新興協会などの主催する試験に合格すればいいのですが、2級と1級に関しては財団法人日本無線協会の主催する試験のみで難易度も上がっていきます。
いずれにせよ必ず資格が必要になりますので講習を受けたり独学で知識を得るなどして試験対策をする必要があります。
業務用無線従事者資格もアマチュア無線の資格として相当し、海上無線通信士や陸上無線技術士の資格を持っていればアマチュア無線を楽しめます。

  • アマチュア無線はどこが面白い?

資格を取ってまでアマチュア無線を楽しむ人は非常に多いのですが、その魅力はいったいなんなのでしょう。
過去には趣味の王様と呼ばれていたこともあり、日本だけでなく世界中に愛好家が存在します。
現在、インターネットが各家庭に普及し、パソコンだけでなくスマートフォンも利用者が増えたことでインターネット上で友人や見知らぬ人とコミュニケーションを楽しむ方は多いと思いますが、要はそれと同じです。
携帯電話もパソコンのメール機能もなかった時代からアマチュア無線は遠く離れた人とコミュニケーションを取ることができるツールで、当時多くの人がアマチュア無線を利用してコミュニケーションを楽しんでいました。
英語の勉強のためにアマチュア無線で外国人と話をしていた、なんて人もいるようで多くの人と繋がり話をできることが最大の魅力であり面白ポイントでしょう。
また、単純に電子機器が好きという方はアマチュア無線を始めることも多いようで、機械をいじる楽しさもあることがわかります。
たしかに自分でアンテナを設置して電波を飛ばすという行為は特に男性であればワクワクするものです。
こうした魅力があるからこそ昔も今もアマチュア無線は魅力的な趣味の1つとして存在しているのです。

当店でもアマチュア無線の買取を行っています!

リサイクル買取買取Q&A

トップページ
今すぐ無料査定