中古ギター購入時のチェックポイント

買取Q&A

ギターを中古で購入するときにチェックしておきたいパーツ・箇所

ギターを中古で購入する場合、新品以上に慎重に検討する必要があります。
ジャンク品を扱っているお店でない限り壊れているものを売っているわけではありませんが、中古ということは以前に誰かが使っていたわけで、以前の持ち主の癖などが意外と大きな影響を与えるからです。
ではどういった点をチェックすべきなのかを見ていきましょう。ここに内容を入力してください。

  • 絶対にチェックしておきたい部分

中古ギターを購入するうえで絶対にチェックしておきたい部分の1つがナットです。
ナットは長く使うと割れてしまったりする箇所で、もし不具合があれば出る音にも問題が生じます。
まずはナットをよく見て割れていないかどうか、弦の太さとナットの溝に差が出ていないかをチェックするようにしましょう。
お店がしっかりメンテナンスをしてくれていれば問題ないのですが、そうでない場合は意外とナットに不具合が見られるケースがあります。
購入してから気付くと面倒です。
ちなみにブリッジもナットとほぼ同じ役割を果たしていますのでナットと一緒にチェックしておきます。
次にフレットです。
フレットもやはり使い続けるとすり減ってしまい、定期的にメンテナンスをする必要がある箇所です。
中古ギターの場合はフレットの消耗具合について明記されていることも多いのですが、たとえそうであっても自分の目でチェックするのがベストです。
フレットの調子が悪いと音が出ないなどのトラブルの原因になりますので、たとえば初心者でよくわからない場合でも新品のギターと比較したり、店員さんにたずねてみましょう。

  • できればチェックしたい部分

この他にもペグもチェックしておきたいところです。
ペグは弦を巻く突起部分のことを指しますが、ペグが緩んでいたり曲がっていると正しく弦を負けません。
弦はギターの音を出すためにもっとも重要なパーツで、それを巻くペグも重要です。
突起になっているためぶつけてしまうことも多く、比較的傷みやすい部分なので注意しましょう。
後は全体的に傷がないかなどをチェックし、最後に店員さんにそのギターの状態を説明してもらうと確実です。
弦に関しては元々消耗品で、頻繁に新しいものに買い換えることになりますので気にしなくても大丈夫です。
特に問題がなさそうであれば実際にギターを持ってみたり、試奏してみて自分の好みに合うかどうかを確かめましょう。
ギターを持った時に違和感を覚えるようならそのギターは自分に合っていない可能性があります。
目に見える不具合だけでなく、自分の感覚に合うかどうかも重要な点になるわけです。

当店でもギターの高値買取を行っています!

リサイクル買取買取Q&A

トップページ
今すぐ無料査定