液晶TVを購入する際の注意点

買取Q&A

液晶TVのこれから購入するために押さえておきたいことは?

4kテレビの登場など、液晶テレビはどんどん進化を続けています。
買い替えを検討している方も多いと思いますが、高額家電でもありますので購入する際はよく考えて選ぶようにしましょう。

  • 適正サイズを考える

テレビは大きい方が迫力があっていい、これは間違いではありませんがテレビを置く部屋の広さなどによって適正なサイズは変わってきます。
必要以上に大きいと画面全体を見るのが難しくなりますし、逆に小さすぎても字幕などが見づらく不便です。
どのくらいの大きさが適正なのかをまずは考えましょう。
たとえば12畳ほどのリビングに置くテレビであれば32型から50型くらいがちょうどいいサイズとなります。
テレビを見る位置がテレビから近いなら少し小さめを、遠いなら少し大きめのサイズを選ぶようにするといいでしょう。
リビングではなく、子供部屋や寝室に置く場合などは部屋も6畳ほどになることが多いでしょうからこの場合は29型以下が選択肢になります。
大きいサイズなら良いというものではありませんのでまずはしっかりサイズを検討してください。
部屋のどのあたりに配置するかも大切で、大きいサイズほど部屋の角に配置するのが難しくなりますので注意が必要です。
空間を無駄なく利用するにはあえて小さいサイズを選ぶのもテクニックになります。

  • 4kか、フルハイビジョンか

4kテレビの価格も下がってきており、比較的大きなサイズでも購入しやすくなりましたが、そもそも4kとフルハイビジョンの違いはなんなのでしょうか。
大きく違うのは解像度で、4kテレビの方が解像度は高くつまりより綺麗な映像を見ることができる形です。
画質だけを考えるなら4kテレビの方が優れているわけですがその分価格はフルハイビジョンよりも高くなります。
自分がどれくらい画質にこだわりがあるのかも改めて考えてどちらがいいかを選びましょう。
フルハイビジョンでも十分綺麗な映像を見ることができますので、特にこだわりがないならあえて4kテレビを選ぶ必要性も薄くなります。
映画やスポーツなどを大画面で、そして綺麗な映像で楽しみたいという方はフルハイビジョンよりも4kテレビの方がいいでしょう。
より臨場感のある映像を自宅で楽しむことができます。
ただし、番組自体が4kテレビに対応していないケースも多く、すべての番組を最高画質で見られるわけではない点に注意してください。
将来的に対応番組は増えるでしょうが今のところ番組側が追いついていない状態です。

当店でも液晶テレビの高値買取を行っています!

リサイクル買取買取Q&A

トップページ
今すぐ無料査定