洗濯機の掃除法

買取Q&A

洗濯機の正しい掃除の方法

洗濯機の掃除を頻繁にするという方は少ないと思います。
手間がかかって面倒ですし、目に見える汚れが少ないのでそもそも掃除するべきかがわからないケースもあります。
ですが洗濯槽などにはカビが発生し、定期的に掃除をしないと不衛生な状態で洗濯をすることになってしまいます。
正しい掃除の仕方を覚えて綺麗な洗濯機で洗濯できるようにしましょう。

  • 正しい掃除の方法

まずは洗濯機にたっぷりとお湯を入れます。
お湯の量が少ないと効果も不十分になりますのでなみなみと入れてしまいましょう。
各洗濯機の最高水位まで入れるのがコツです。
お湯はわざわざ沸かすと大変ですからお風呂の残り湯を使うのがベストです。
冷めてしまっている場合は追い焚き機能を利用するなどして温め直し、できれば40度から50度くらいのお湯を使いたいところです。
お湯を入れたら漂白剤を入れるのですが、量の目安は500グラムほどです。
商品ごとに使用量の目安が書かれていると思いますがそれでは足りないことも多いので商品に関わらず500グラムを目安にしてください。
準備ができたら後は洗濯機を実際に動かしていきます。
洗いコースでお湯と漂白剤をよく混ぜ、2、3度繰り返したらそのまま1晩おいておきます。
翌日さらに洗いコースで洗濯機内部をよく洗い、最後に脱水、排水をして終わりです。
方法自体は非常にシンプルですがこれでカビをしっかり落とすことができ、見た目にもはっきり綺麗になったことがわかるはずです。
ポイントは1晩おくことで、こうすることでカビをしっかり浮かせて落とすことが可能になります。

  • いつ掃除するべきか

掃除のタイミングですが、それほど頻繁に行う必要はないでしょう。
もちろんこまめに掃除した方が常に綺麗な状態を保てるためいいのですが、それだと負担になってしまいますし漂白剤の消費量も増えてしまいます。
半年に1度に行うとか、1年に1度、大掃除の時に行うなど自分なりにタイミングを決めましょう。
いずれにせよ洗濯機はどうしてもカビは発生してしまいますので長期間掃除をしないでいるのは避けるべきです。
特に湿気の多い時期はカビが発生しやすいので梅雨前、梅雨明けなどが良いタイミングです。
毎日着る衣服を洗濯するものですからなるべき効果的に掃除をし、気持ち良く服が着られるようにすることが大切です。
上記の方法で掃除をすれば見ただけでも綺麗になったことがわかるくらい汚れを落とすことができるのでおすすめです。

当店でも洗濯機の高値買取を行っています!

リサイクル買取買取Q&A

トップページ
今すぐ無料査定