部屋を片付けられない人の心理

買取Q&A

部屋を片付けられない人の心理とは?

最近、テレビなどでも取り上げられ話題となっている汚部屋。
とても人が住めるような状態とは思えませんが、そこに住んでいる人の話を聞くと全く問題を感じていないどころか、その部屋を居心地良く感じているというケースも少なくありません。
片付けられない人というのは心理的にどのような状況を映し出しているのでしょうか?
片付けられない心理的な影響と対策方法について考えて見ましょう。

・部屋を片付けられない人~規則性を持って散らかっている~

部屋は散らかっているがモノの位置の把握はできているという場合には、片付けが苦手というよりも“捨てるのが苦手”というタイプです。
捨てるのが苦手という人はモノに対する執着という心理的な原因が影響しています。
モノに対する執着は“不安の表れ”や“過去への執着”が心理の中で働いています。モノを捨てられないという人は、現在のストレスの状況を自覚してみるというのも良い方法です。

部屋は散らかっているが、モノの位置は把握できているという場合、ゴミの捨て方が分からないというだけという単純な原因であることもあるので、“捨てるという努力”だけで部屋を片付けることができる可能性があります。
乱雑なモノの中から本当に必要なものを選ぶことから始めてみましょう。

・部屋を片付けられない人~乱雑に散らかっている~

散らかり過ぎて部屋に何があるのか分からないというのは心理的に問題を抱えていというケースがあります。
もちろん“忙しい”などの心理的な問題以外の理由もありますが、「片付けようと思っても上手に片付けられない」という場合には心理的な原因の可能性があります。
部屋を片付けられない心理的な要因には人間関係や仕事関係の悩みや過去の心理的負担などがあります。

部屋が片付けられないということの裏には“部屋を片付ける心理的な余裕が無い”ということをしている場合があります。そのような場合、無理に部屋を片付けるのではなく、先ずは原因となる心理的負担を解消するということが大切です。

・部屋を片付けられない人~注意欠陥症候群~

 部屋を片付けられないという状態は注意欠陥症候群の症状である可能性があります。注意欠陥症候群は女性に多い傾向のある片付けや苦手という症状が表れます。

注意欠陥症候群の場合、片付けることが得意ではないので片付けるということが大きなプレシャーになってしまう傾向にあります。片付けることが心理的な重荷になり落ち込んだりしてしまうということはストレスにも繋がるので無理をせず自分のペースで片付けるということが大切です。

・部屋が綺麗、汚いということを必要以上に気にしない

部屋を綺麗にしなければという思いが強過ぎることが、逆に片付けに対するストレスに結びついてしまっている可能性があります。
片付けに対するストレスが心理的な圧迫を生み、片付けを更に難しくするという悪循環は精神的にも良いことではありません。
片付けが難しいという場合には無理に部屋を片付けようとする必要はありません。最近では不用品回収業者などでも部屋の片づけをサポートするサービス数多くあるので、自分で片付けるのが難しいという場合にはこうしたサービスの利用も検討してみると良いかも知れないですね。

リサイクル買取買取Q&A

トップページ
今すぐ無料査定