子供部屋を子供に片付けさせるコツ教えます

買取Q&A

子供部屋収納アイデアについて知りたい! 子供に片付けさせるコツとは?

おもちゃや洋服などで散らかりやすくなってしまう「子供部屋」。
いくら子供に注意しても片付けようとしない、どうすれば片付けてくれるのか悩んでいる親も少なくありません。
そんな悩みをもっている人は必見!
子供部屋の収納の仕方や片付けのコツ、収納アイデアについて詳しくみていきたいと思います。
コツをつかんで子供部屋を常にキレイにしましょう!

目次

  • 子供部屋の片付けで抱える悩み
  • 収納アイデア・片付けのコツ
  • 子供に片付けをさせる方法

1.子供部屋の片付けで抱える悩み

子供部屋が汚いのはうちだけ?ほかの家庭ではどんな悩みをもっているのかと気になっている親は多いはずです。
そこで、親が抱えるさまざまな子供部屋に対する悩みを集めてみました。
自分と同じ境遇で悩んでいる親がどのような方法で片付けたのかみていきましょう。

1-1.いくら注意しても繰り返してしまう

子供が散らかすたびに「片付けなさい!」と注意してきたけれど、まったく改善されないのでもう我慢の限界!と思っている親は結構多いようです。
注意すれば片付け始めるけれど、すぐに飽きてしまいそのままおもちゃを放置・・・ということもたびたびあるでしょう。
そんなときは、「なぜ子供が片付けをしないのか」疑問を持つと良いかもしれませんね。
もしかしたら片付けにくい場所に収納箱を置いているかもしれませんし、子供たちが片付けに対して意識をもっていかせられるように工夫すると解消されるかも…。
いくら注意をしても同じことを繰り返してしまうのであれば、子供部屋の環境を変えてみてはいかがでしょうか。
どのように変えていけば良いのかについては、また後ほど詳しく説明します。

1-2.大人からみると簡単なことでも子供にとっては難しい

叱り続けてしまうと子供のモチベーションが下がり、さらに片付けられなくなると悩んでいるケースも少なくありません。
確かに、大人でも職場で上司から怒られると気分が下がりますし、やる気も起きません(中には逆にやる気が出てくる人もいますが…)。子供も同じことが言えるでしょう。
大切なのは、大人目線ではなく、子供目線になって考えることです。
子供と同じ目線になるとどうすれば分かりやすくおもちゃや道具を片付けられるのか、今まで見えてこなかった部分が見えてくるはずです。
今まで親の立場からしか注意してこなかった親は一度子供の目線になって考えてあげると良いかもしれませんね。
大人からみたら簡単なことでも、子供からみるととても難しく感じることは結構たくさんあります。

1-3.完璧主義者? 目標を低くしてみよう

子供が片付けられないことでイライラする親の多くは「絶対に片付けなければならない」「完璧にしなければ」という意識が強い特徴がみられます。
もしかするとあなたもそのような意識はありませんか?
完璧に片付けなければならないと思わなくても、おもちゃやプリントを箱の中に入れるだけでOKと目標を低く設定してみてはいかがでしょう。
いつまでも片付けられないとイライラし続けると子供も不安になり、片付けに対して恐怖心が芽生えてしまいます。
積極的に片付けをおこなうようにするためには、目標を低く設定することが大切です。

2.収納アイデア・片付けのコツ

2-1.収納ケースごとにわかりやすいシールを貼る

子供部屋の収納アイデアとして大活躍してくれるのが“収納ケース・ボックス”です。
100均一に売られているシンプルなボックスで構いません。
できるだけ子供が片付けやすいように口が大きく、シンプルなデザインを選んでください。
そして、その収納ケースに分類してほしいものの絵が描かれてあるシールを貼ってあげましょう。
車のおもちゃであれば「車」のマーク、つみ木であればつみ木の絵、お人形さんであればぬいぐるみの絵など、子供が分かりやすいようなマークを貼るのがポイントです。
できるだけかわいらしいデザインが良いですよ。
そうすれば子供もどこに片付けたら良いのか一目でわかり、どんどん収納していくでしょう。

2-2.片付けやすい場所に収納ボックスをおく

子供が何歳かによって身長も変わってきます。
まだ2~3歳であれば高いところに収納ボックスはおけません。小学生になればミニサイズの本棚でも届きやすくなりますが、幼稚園だとなかなか難しいでしょう。
子供の成長によって片付けやすい“位置”があります。
どこにおけば子供たちが片付けやすいのか考えてみてください。
また、子供に一度聞いてみるのも良いでしょう。
「どこなら片付けやすいかな?」とやさしく聞いてあげると「ここ!」と答えてくれるかもしれません。
つい大人の目線で片付け場所を決めてしまいがちですが、子供が出し入れしやすいところに収納ボックスをおいてあげると簡単に片付けができます。

3.子供に片付けをさせる方法

3-1.時間を決めて片付けさせるとGood!

どうすれば子供が積極的に片付けてくれるのか、そのコツは簡単です。
子供に片付ける時間を決めさせて行動させましょう。
例えば、おもちゃを扱う時間帯がお昼の場合、夕方の5時のチャイムがなったら元の場所に戻そうねと子供に伝えてあげるとGood。
ご飯を食べたら、お風呂から上がったらと片付ける“時間”を決めておくと子供も片付けやすくなります。
片付けにはそんなに時間がかからないのでたったの数分間で大丈夫です。
子供は飽きやすいのでいつまでも同じことはしていられません。
片付ける時間を決めておき、数分間だけ片付けるという習慣を身につきさせていきましょう。
毎日少しでも続けさせると自然と習慣化され、子供も片付けるのが当たり前!という意識になってきます。

3-2.大人の手本を見せる

どこに片付ければ良いのか、どうやって片付けるのか最初は子供もわかりません。そこで「片付けなさい!」と怒鳴っても逆効果です。
まずは大人が片付けの見本を見せてあげましょう。
このおもちゃはここにこうやって片付けるんだよとやさしく子供に教えてあげれば、子供も覚えて積極的に片付けられるようになります。
収納ボックスにおもちゃや学校の道具を片付けている姿を見せてあげると子供も真似をするはずです。子供がやりはじめたら子供だけに片付けをさせてあげてください。
子供は大人の行動を常に観察し、真似をします。
大人が良い見本を見せてあげたら子供も良い片付けができるでしょう。

まとめ

子供部屋の収納方法やアイデア、片付けのコツについてみてきましたがいかがでしたでしょうか。
今までの注意の仕方が悪かったかも…、子供目線になって考えていなかった人は考えをあらためて子供に正しい片付けのやり方を教えてあげてください。
子供の目線になってどうしたら片付けがしやすくなるのか考えると子供も積極的に片付けるようになるでしょう。

  • いくら注意しても直らないからと怒り続けるのはNG
  • 子供の目線になって考えることが大切
  • 目標設定を低くする
  • 収納ケースごとにシールを貼る
  • 子供が片付けしやすい場所におく
  • 時間を決めて片付けさせる
  • 大人の手本を見せてあげる

以上のポイントに注意しながら子供部屋をキレイにしていきましょう。
自分の時間が空いたときに子供と一緒に片付けるのも良い方法です。
見本を見せながら一緒に片付け、子供が自然と自分から片付けられるようになれば子供だけで片付けさせましょう。
ぜひ一度試してみてくださいね。

リサイクル買取買取Q&A

トップページ
今すぐ無料査定