製図台の買取処分ならパワーセラーで随時買取受付中

買取品目

製図台買取またはご処分いたします

古くなった製図台は御座いませんか?1都3県の出張エリアにお住まいのお客様には当社のトラックがすぐにお伺い致します。(遠くにお住まいの方へは製図台の買取は難しい場合がほとんどです。)お住まいの地域と、お持ちの品番をお電話かメールでお教え下さい。

フリーダイヤル0120-37-2060で、買取価格がすぐにわかります。

出張エリア2
お申し込みはこちら
お電話前にクリック

現在、製図台やドラフターの需要が下がってきておりますため、当社の出張運搬費を差し引かせていただいて、買取金額をお出しできるケースはほとんどありません。MUTOHの製図台などで、定規や蛍光灯がそろっていて、黄ばみなどが無くきれいなもので、「無料回収」が精一杯のことケースがほとんどです。
かなり古くなってしまっている場合は、12,000円程度の有料回収も可能です。

【MUTOH 製図台 TW-300N ドラフター SAU-85】→0円買取

堅牢且つ機能的なことが常に求められている製図台は、奥行きがゆとりのあるセンターウォール型やオープンな足元が特徴のゲート型、机の機能を併せ持つデスクタイプなど、各メーカー設計者のタイプに合わせられる多彩な種類がラインアップされていて、使いやすいタイプが選べます。
トラック型とアーム型も各メーカー豊富なバリエーションがあり、設計者の使い勝手で選べるようになっていて、設計者個々にフィットしたより快適な設計環境をつくることができます。
またパラライナーやライナーボードからカッターマットボード機能が1台に集約されたものまでを種類豊富になラインアップしているメーカーもあります。
国内で製図台を作り始めたのは、MUTOH工業で、ドラフターという名称を付けたのも武藤工業です(画像はMUTOH TW-300N)。
1970年代と1980年代は生産数もとても多かったのですが、CADソフトが主流になってきた頃には、販売数も激変し一時代の終わりを告げました。
現在では年間生産台数も10000台を切っていますが、中古市場ではまだまだ人気のあるお品物でもあります。

リサイクル買取オフィス用品買取 ≫ 買取品目 ≫ 製図台・ドラフター

オフィス用品
今すぐ無料査定