マリンバの買取ならパワーセラー

買取品目

マリンバ高価買取いたします

毎日、関東と全国からのご要望に、出張と宅配買取にてお伺いさせて頂いております!
関東のお客様へは毎日出張でお伺いさせて頂いており、関東以外のお客様へは宅配買取にてご案内させて頂いております。
どちらのすぐに対応が可能です!

フリーダイヤル0120-37-2060で、買取価格がすぐにわかります。

出張エリア2
お申し込みはこちら
お電話前にクリック

型番にもよりますが、マリンバは「コオロギ」や「ヤマハ」「サイトウ」「マレテック」社製のお品物が高価買取査定の多いお品物となっております。

【YAMAHA ヤマハ マリンバ YM-400C 】→60000円
【ヤマハ マリンバ 4オクターブ ローズウッド製】→30000円
【コオロギ コンサートマリンバ 750】100000円
【KMK マリンバ M4300】→100000円

80,000円 60,000円
コオロギ KOROGI
コンサートマリンバ
650DX
YAMAHA ヤマハ
マリンバ
YM-400C

■買取依頼の前に調べておくポイント■

①お品物の詳細をお知らせ下さい。
マリンバの買い取りをご希望のお客様は、査定に出される前に型番・年式・メーカー名・及び商品の傷や汚れのご確認を予めお願いしております。
付属品の有無などの情報もお知らせください。
あらかじめ画像を撮ってメールで添付していただける事により、査定がスムーズに行うことができます。

マリンバ メーカー

マリンバ 品番
本体にメーカー名・品番などが記されています。

②音や演奏に問題はありませんか?
音の調子が悪い・音が出ないなどの、見落としがちな経年の劣化による塗装のひび割れや小傷や打痕などの小さなヘコミや欠けなども査定の対象となります。落とせる汚れは出来るだけきれいにクリーニングすることをおすすめします。

マリンバ 傷

マリンバ さび
上のような傷や錆びがありましたら、お知らせください。

③付属品は揃っていますか?
取扱説明書・お手入れ用具、有効性のある保証書や領収書等がある場合もあわせてご用意してください。保証書に関しては、記入の有無によっても査定価格が大きく異なってくるのでご確認下さい。またハードケース・ソフトケースが揃っていると査定も高くなります。

マリンバ マレット

マリンバ 付属品ケース

マレットや移動時に欠かせないケース類が付属品として揃っていると査定のアップにつながります。

④売る際の注意事項とは?
マリンバなどの管楽器の買い取り前には簡単な手入れをしておく必要があります。
お手入れをする手間だけで、査定額がアップするならやらない手はないですよね。
使用した状態ままでお売りいただくのと、きれいな状態にしてからとでは、誰の目から見てもやはり後者の方が印象が格段に良いのは言わずもがなです。
汚れは音に直接悪影響を与えるだけでなく、動作不良の原因にもなり得るのです。
普段からきれいな状態に保っておくことで、常に最良のパフォーマンスが期待できる上、売る時もほとんど手間を掛ける必要がないので、必然的に高価査定となります。

また大きな傷や割れがあったり、動作不良のジャンク扱いの商品がある場合もあらかじめお知らせください。お買取できるものとそうでないものは専門スタッフが決定しますが、お客様からそれらをお知らせいただくことにより、確認作業の効率も大幅に変わってきます。

⑤マリンバを高く売るこつとは?
マリンバを高く売るには、付属品を全て揃えておくことが大事です。
付属品はその商品の需要・市場価値・状態と並んで買取査定の際の重要なポイントとなります。
楽器ケースや取扱説明書・保証書などの初期の付属品を揃えて買取査定にお出しして頂きますと、高価査定対象になり、購入された状態に近ければ近いほど高価買取となります。

また、未使用の楽器は少しでも早く買取依頼をお勧めしております。
殆どの楽器は年数が経過すると共に買取額もそれに比例して低下します。
楽器は持ち主の保管環境によって、状態の悪化が起こりやすい商品ですので、倉庫や押入れに眠らせていても、市場価値は下がる一方ですので、使用されなくなった時が最大の売り時といえます。

■出張買取の方法と注意点■

①出張買取方法
お品物の査定後は、ご提示させて頂いた買取額にご納得して頂けましたら、実際にお買取させて頂く日程を調整させていただきます。
お支払いは当日現地にてさせて頂きます。

②買取時の注意点
出張買取当日は現地にて当社スタッフと一緒に動作確認をして頂きます。
基本的にはそのお品物に詳しい方に作動をお願いすることになりますので宜しくお願いいたします。
動作確認に特に問題がなく、買取依頼時の御電話やメールでお伝えして頂いている情報との相違が無ければ、予めお伝えしていた査定額にてお買取させて頂きます。

当社の場合、基本的には現地にて減額させて頂く事はほとんど御座いませんが、お伝え頂いている情報に誤りがあったり、動作に問題がある場合等に関しましては、現地にて再査定させて頂いた上で買取金額を再度ご提示させて頂きます。

尚、重量物の場合は搬出経路に御注意下さい。

■宅配買取の方法と注意点■

①宅配買取方法
当社での宅配買取は、佐川急便さんでの着払い買取、又はヤマト運輸さんのらくらく家財便利用での着払い買取の2種類からお選び頂けます。
佐川さんの場合は梱包して頂く必要があり、新品や元箱のある場合などはお気軽にご利用いただけます。
ヤマトさんの場合は、梱包作業は必要ありませんので、元箱等がない場合でも宅配が可能です。

②買取時の注意点
佐川急便利用の場合…
元箱が有る場合はそのまま箱に入れて発送して頂きますが、元箱が無い場合は元箱の代わりになる段ボールなどで梱包してからお送り下さい。
弦楽器、管楽器等をハードケースに入れてお送りいただく場合、本体とケースの間にあそびがある状態ですと、搬送中に大きく動いてしまい、その衝撃でネックのヘッド部分(特にネックに角度のあるもの)を破損してしまう場合があります。ですので新聞紙やエアーキャップなどを詰めて、ボディ部分をしっかり固定してください。

マリンバ 梱包

ヤマト運輸利用の場合…
搬出から梱包までヤマトさんの方でしてもらえますが、オイル等が入っている場合は予め抜いておく必要があります。また、2名でのお伺いとなりますので重量物の対応も可能ですが2名で持てない形状や重量(約100kg以上)の場合は、発送出来ない場合が御座います。

■マリンバとは■

独特の形状のマリンバはアフリカからの起源がと言われており、並べた木板にひょうたんを合わせて共鳴管としての役割を果たしていたと伝えられています。アフリカの言語バンツー語では「リンバ」は木の棒のことを指し、たくさんの数を意味する接頭語が「マ」なので、「マリンバ」はたくさんの木棒から作られた楽器である事を表しています。このマリンバがアフリカ・中南米・アメリカへ次々に伝わっていき、金属でできた共鳴管を持った現在の形をしたマリンバが誕生しました。現代では独奏楽器として人気をはくし、徐々に活躍の場を増やしています。

マリンバは、マレットと言われるバチでピアノと同じような配列で組み合わさった木製の鍵盤を叩きながら演奏していきます。鍵盤の下方に各音階で長さを変えている共鳴させる為の金属管が配置されており、その下の端部分を閉じたりする事によって、鍵盤音に共鳴・増幅させることができ、更にたくさんの音色がだせる仕組みとなっています。音域は基本4オクターブのマリンバから、5オクターブ半まで音域を広げられたものまで多種あります。(画像はコオロギ コンサートマリンバ 750)

YAMAHAシリーズの特色は低音の豊かなサウンドと、キャパシティの広いホールで演奏された時のような響き。言えば小さ目のコンサートホールだと逆にそれほど伝わりきらないというのが時としてあります。

マレテックやマリンバワンなどは、高音部分のきらきらした音色と軽やかで柔らかい音が特徴的で、見た感じもおしゃれな雰囲気です。小さ目のコンサートホールなどでイキイキとした演奏ができるのはコオロギや斉藤など。このクラスのホールですと音の鳴りがとても良いです。

リサイクル買取楽器買取 ≫ 買取品目 ≫ マリンバ

楽器
今すぐ無料査定