滅菌器などの専門機器の買取のことならパワーセラーまでお気軽にどうぞ

買取品目

滅菌器高価買取いたします

滅菌器
お申し込みはこちら
お電話前にクリック

オートクレーブは病原体を取り扱うような実験室等で滅菌を目的とした基本的な機械で、100℃以上に加熱された加圧水蒸気で実験器具や溶液などの滅菌を行う装置です。通常は2気圧で120℃、30分前後での滅菌処理を行います。
この滅菌器は圧力容器と水蒸気を作る熱源から作られていて、圧力計・温度計・タイマー・安全弁などが付属しています。実験センターの洗浄滅菌室には2台のオートクレーブが設置されていて、熱源は全て電気ヒーターとなっています。

EOガス滅菌器は圧力容器の中にエチレンオキサイドガスを満たす事によって滅菌させる装置の事で、通常はポリスチレン製の器具などのように、高温に耐えられないものを滅菌させるのに用いられています。
装置に付属しているものは、圧力容器・ガス置換用の真空ポンプ・エチレンオキサイドガスボンベ・圧力計・タイマーなどです。
滅菌処理は50℃前後で、加圧エチレンオキサイドガス下に置いた後で無菌空気に置換ることによって行います。

乾熱滅菌器は高温の乾燥空気を使用して滅菌させる装置の事で、内部にある空気を加熱させる熱源は電気ヒーターや都市ガスなどが用いられる事が多いです。通常この装置はピペットやビン等のガラス製の器具や金属製の器具を滅菌する目的で用いられています。ピペットや小型の金属製の器具などは、アルミ製の専用の容器の中に入れて滅菌処理をします。処理時間は180℃、4時間が標準となっていますが、使用する人によって様々です。

これらの滅菌器の他にも、ピンセットやハサミなどの器具に最適な、卓上で手軽に滅菌することができるガラスビーズ滅菌器や熱に弱い素材でできたプラスチック製品などの滅菌に使用されているEOG滅菌器などがあり、ひとくちに滅菌器といっても何種類もありますので、それぞれの用途に応じた滅菌器を選ぶことができます。
(画像はTOMY大型高圧蒸気滅菌器BS-325)

ご依頼のお品物によっては、買取金額に差異は御座いますが、「トミー」「湯山製作所」「平山」社製のお品物が、高額査定出来る対象となっております。
その他のお品物でも大歓迎!!!

【オートクレーブ 高圧滅菌器 HA-300P】→60000円
【トミー オートクレーブ LBS-325】→47000円
【東邦 滅菌器 TE-241EH】→22500円

治療器買取トップに戻る

治療器買取買取品目

治療器
今すぐ無料査定