アカイ AKAIのオーディオ買取なら中古オーディオ機器高価買取のパワーセラー

買取品目

アカイ AKAI高価買取いたします

ご不用のアカイ AKAIの製品を随時買取中!東京・千葉・埼玉・神奈川の方は出張にて買取させて頂いております。お電話後に即対応可能ですので是非ご連絡下さい!買取りできないお品物も格安にて回収を承っています。

フリーダイヤル0120-37-2060で、買取価格がすぐにわかります。

出張エリア2
お申し込みはこちら
お電話前にクリック

アカイ AKAIとは

AKAI(赤井電機)は自宅の裏庭の小屋を作業場として、ラジオの部品・電機部品・ソケットなどの製造を主に行なう会社として赤井三郎氏によって1946年設立されたオーディオ機器メーカーです。
小型モーターの製造を得意とし、1954年に日本企業として初めてテープレコーダーの開発に成功したことで一躍有名となりました。
その後、オープンリールデッキやカセットテープデッキなどを主軸商品とした総合電機メーカーとして大きく成長し、東証2部・1部と上場し、海外でも高級オーディオの名門としてAKAIの名は音響機器メーカーとしてその名を轟かせました。

AKAIはオープンリールデッキやカセットデッキを得意としており、主な市場を海外に置いていたので(ちなみに米国ではRoberts、西欧ではTensaiのブランド名で販売されていました)日本では希少価値のあるレアなモデルも数多く存在していて、現在でも時代を超えて数多くのマニアに愛されているブランドです。

オープンリールデッキはGX-747やGX-77、カセットデッキはGX-90、GX-F91、GX-F95、GX-R99等が人気の商品として有名で、カセットデッキでは世界で初めてのオートリバースを搭載し、さらにGXC-735Dには無録音箇所を小さくできるクイックリバースが搭載され、これも人気をはくしていました。
しかしCDなどのデジタル化が進んでいくにつれ、テープデッキを主力製品としていたAKAIはデジタルオーディオへの対応が遅れたため、経営危機に陥る事態となったのです。

その後は三菱電機と提携しA&Dブランドでオーディオ製品を製造・販売を開始しましたが、状況は好転せず、1991年にオーディオ分野からの撤退を余儀なくされることになりました。
現在でもアカイのデッキには多くのファンやマニアが数多くいて、中古でもジャンク品でも高値で売買されるなど、大ブームから60年が過ぎますが未だに人気のブランドです。(画像はAKAI GX-77 オープンリールデッキ)

現在、高価査定が出やすいアカイ AKAIの製品は「オープンリールデッキ」や「クイックリバースデッキ」「カセットデッキ」などのお品物です。状態が良い場合などは高価買取可能となります。

【AKAI オープンリールデッキ GX-747】→35000円買取
【AKAI オープンリールデッキ GX-635D】→18000円買取
【AKAI GX-77 オープンリールデッキ】→9000円買取

リサイクル買取オーディオ買取 ≫ 買取品目 ≫ アカイ

オーディオ
今すぐ無料査定